How Colorful !!

この時代を生きる女性たちの仕事話をお伝えします

システム導入

f:id:hase-usagi:20210523194618j:plain

どのような仕事をしていますか?

情報システム部門と経理財務部門との橋渡しをする部門に所属し、グループ会社を含め全社を横断するシステムの導入支援をしています。
効率的な業務の方針や仕組みを考えたり、部門間や業務の調整をしたりしています。
現在はシステム導入の企画段階が終了し、より具体的な業務を把握・分析するため、システムを使って実際にオペレーションをする人達からヒアリングをする段階です。

コロナによって働き方は変わりましたか?

毎日在宅勤務をしています。
出社する必要のある仕事はなく、オンラインですべての業務を行っています。現在、資料はすべてデータ化され、パソコンがあり会社とオンラインで繋がれば仕事ができます。
コロナ禍以前は様々なシステムのアプリケーションを使っていましたが、今は会議・通話・共同作業等いろいろなことを1つのアプリケーションで対応するようになり、簡単で便利になりました。
出社の時は、会議をしたくても会議室が足りないことがありましたが、アプリケーションの利用で物理的な制約がなくなり、ごく短時間の会議やオープンにできない話をする時など、ちょっとした利用にとても役立っています。

仕事のプラス面とマイナス面は何ですか?

プラス面:
全社的にシステムを導入するため、グループ会社を含め他部門の人々を巻き込み話をする必要があります。
そのため、とても人脈が広がります。今後の仕事にとってプラスの影響があると考えています。

マイナス面:
海外とミーティングをする際、先方にあわせて会議を設定するケースが多いため、時差により通常の勤務時間帯以外で会議を設定せざるを得ません。そのため、自分の時間を管理しにくくマイナスです。
また、業務効率化のため、新システムの仕様にあわせて業務を変更することが命題なのですが、実際に行うのは簡単ではありません。
従来のシステムで行っていた業務の方法にこだわったり、どうしても譲れない部分があったりと、新しいものと古いものとの戦いが繰り広げられます。「できないものはできない」と言い放つだけなら喧嘩となり業務がストップしてしまうため、このコンフリクトをどのように着地させるか悩みどころです。

やりがいや嬉しかったことは何ですか?

現在、新システムを使ったことがあり実運用を理解しているのは自部門内で私だけのため、その知識や経験を役立ててもらえるのはうれしいです。
もちろん部内の人達は講習を受け、知識としては認識していますが、実際に取り組んでみると些細なことでつまずきがちです。自社の業務において新システムでできること・できないこと、このレベルのことであっても、知っているか否かで業務の進捗具合がかなり変わってきます。

仕事とプライベートのバランスはどのようにとっていますか?

パソコンの電源をオフにすると、基本的に私は仕事モードからプライベートモードへスイッチが切り替わります。在宅勤務により自宅と会社の間の移動はなくても、終業後にテレビをつけ何事もなかったかのように心を切り替えることができています。
天気が良い時や気分が向けば、終業後に散歩へ出かけリフレッシュすることもあります。

ストレス解消法は何ですか?

ヨガをしています。始業前か終業後にすることが多く、いい気分転換になります。

この仕事を目指す人へアドバイスなどあればお願いします

新システムの導入を支援するため、現在の会社に中途で入社しました。
即戦力として期待され雇われているため、新システムのことは分かっていますが、現行システムや仕事の内容・やり方は一から理解する必要があり、まずはどれだけはやくキャッチアップできるか、情報収集能力が試されます。
すべての業務をオンラインで行なっているため、隣席の人にちょっと質問するということができません。そのため、資料を多く読み込んだりオンラインで調べたりと、適切な情報はどこにあるか、探索し判別する力が必要です。それが出来てやっとスタートラインに立てる状態になります。
その上で、今までの経験の活用、コミュニケーション力、提案力といったものが必要になってくると思います。