How Colorful !!

いろいろな仕事のリアルな話をお伝えします

法務

f:id:hase-usagi:20210307214428j:plain

どのような仕事をしていますか?

会社の法務部門に所属し、以下の業務を行っています。

  • 契約書のチェック
    業務の中で一番ウエイトの大きい業務です。商品・サービスの売買、社外へ何かを依頼するといった時に、契約書が取引の実態を反映しているか、会社にとって極端に不利な条項が含まれていないか、リスクヘッジできているか等を法的観点からチェックしてアドバイスします。契約の締結に至るまでをサポートしています。
  • 他部門からの法律相談
    トラブルが発生した時やお客さまからのクレームがある時等にアドバイスを行います。
  • 対外的なトラブル対応
    例えば、商標や特許等が侵害されているもしくは侵害しているというようなトラブルへの対応、時には訴訟対応も行います。
  • 社内体制の整備
    例えば、海外取引があれば、海外の法律や規制を調べ、社内の状況を踏まえた上で必要な規程を作ったり研修をしたりといった社内体制の整備も行います。
  • 発行物のチェック
    会社が社外に発行するものに対してチェックをしています。例えば、広報、商品パッケージ、WEBサイト、キャンペーン広告などに対して、法的に必要な事項が含まれているか、誤解を招く表現になっていないか等を確認しています。
  • 会社運営上のサポート
    株主総会、取締役会、定款の変更といった、会社を運営していく上で必要なことに対して、法的観点から必要な対応を考えてアドバイスを行います。
  • 事業戦略上のサポート
    例えば、M&A(Mergers and Acquisitions、企業・事業の合併や買収の総称)を行う場合、M&A関連の法律に則り契約相手になりうるか相手か否か、当計画に沿った契約内容になっているか等を確認しサポートをします。
コロナによって働き方は変わりましたか?

週に数日、在宅勤務が認められるようになりました。在宅勤務では、自宅から会社のサーバーにアクセスして関係資料を確認し、メールで社内外とやり取りをし、WEBで対面の会議を行っています。会社に出勤しているのと同じように仕事ができています。何も問題はないのですが、少し気になる点をあげれば、会社にいることで何となく漏れ聞こえてきた情報が減っていることでしょうか。

仕事のプラス面とマイナス面は何ですか?

プラス面:
法務は、会社がやろうとしていることを率先してサポートするポジションなので、事業の推進に関われる実感があります。
関係会社を含め多くの部署の方と関わるため、自社の全体的な動きや提供する製品・サービスについて知ることができます。また、会社の個々の様々なビジネスについても知る機会があります。ビジネスの仕組みを理解していないと、どのような法的リスクがあるかわからずサポートすることができないからです。
社外については、業界の動向を知ったり、規制の動向や海外の法律についても習得する機会があります。
また、他社でも応用のきく知識やスキルが身につきます。専門的な知識や経験が重視される業務であるため、女性が活躍しやすいフィールドだと思います。

マイナス面:
事業を推進してあげたい気持ちがあったとしても、ブレーキをかけるような指摘をしなければならないポジションであることです。
また、当事者意識を持って事業のサポートを行っても、事業の最終的な決定権は事業部にあります。当事者意識を持っていても当事者ではない、ジレンマに陥ることもあります。
もう一つ加えると、疑い癖がつきます。

やりがいや嬉しかったことは何ですか?

自分が提案したことやアドバイスしたことが受け入れられ、それが依頼者に感謝された時や、関わった案件がうまくいった時にやりがいを感じます。
嬉しかったことは、時間的な制約ある中、チームで一緒に悩みつつ取り組んだ案件が完了し「あなたがいてよかった」と感謝されたことです。また、ある案件で関わった人が、その時以降も頼りにしてくれると嬉しくなります。

仕事とプライベートのバランスはどのようにとっていますか?

今勤めている会社は定刻での退社が徹底しています。残業はほとんどありません。そのため、仕事とプライベートの切り替えがスッキリできています。とは言え、プライベートの時間でも仕事のことを考えている時はありますが。
残業させないことが会社の基本方針としてあり、そのための様々な仕組みが社内に整備され徹底されています。残業をしている人もいますが、やむを得ない場合に限定されています。

ストレス解消法は何ですか?

オンラインでヨガを受講しています。ヨガをすると体が軽くなり気分がスッキリします。在宅勤務の日と休みの日はウォーキングもしています。お菓子作りも好きで、よくケーキを作っています。

この仕事を目指す人にアドバイス等あれば

法律に興味のある人、正義感のある人、コツコツと書面を読んだり調べたりするのが苦じゃない人が向いていると思います。会社全体の動きを見ることができ、いろいろな事業に関わることができるのでおもしろい仕事です。
体系的に学ぶ方法として、ビジネス実務法務検定というものがあります。2、3級レベルは市販のテキストでも勉強できるはずです。これにより法務の仕事内容を理解できるでしょう。知財についても知的財産管理技能検定というものがあります。
他の知識で言えば、財務関係の知識があればM&A時に活かすことができるかもしれません。英語は読み書きができた方がこれから活躍できる場面が増えるでしょう。話すことができれば尚良しです。