How Colorful !!

この時代を生きる女性たちの仕事話をお伝えします

ホームヘルパー

f:id:hase-usagi:20210301203822j:plain

どのような仕事をしていますか?

身体に障害がある方の自宅を訪問し、洗顔、歯磨き、着替え、食事、トイレなど利用者の体に直接触れてサポートをする身体介護と、病院等への外出サポートをする通院介護をパートタイムで行っています。介護事業所に登録し、そこからの依頼を受け仕事をしています。

コロナによる仕事への変化はありましたか?

マスクは必須で、以前よりもしっかりと手洗いをするようになりました。ただ、身体介護は利用者に近付かないとできない仕事なので非常に厳しいものがあります。介護をする方もされる方もお互いに困ったなと思っているはずです。今できる対策をするしかないのかと思っています。

仕事のプラス面とマイナス面は何ですか?

プラス面:
登録している介護事業所に自身の都合のいい時間を知らせておくと、その時間の範囲で仕事の依頼があります。介護事業所が持っている仕事量や稼働しているヘルパー数にも左右されますが、都合のいい時間に働きたいだけ働くことができます。
ヘルパーの資格を持っていると、病院や介護用品業者など介護関連の施設や会社で働く際に強みになると思います。
仕事を通して学ぶこともあります。例えば、どうすれば服が着やすいか、どうすればベッドから立ち上がりやすいか等、利用者の身体状況によってパターンが異なるため、様々な知識と経験を得ることができます。
また、時には理不尽なことを言われることがあります。その場合、まずは一旦受け止めてから話をしていくことが肝心ですが、それにより、人の話を聞く姿勢が身に付き、コミュニケーション力が鍛えられると思います。

マイナス面:
私は正社員ではないので福利厚生がないことです。介護事業所によっては、各家庭間の移動に要する時間に賃金がつかない場合もあります。
また、身体介護を行う際、利用者の体を支えるのに力が必要であったり無理な姿勢をする場合があります。そのため、腕や腰などを痛める可能性があります。

マイナスではなく留意点として。
通常、初めての訪問では相手がどのようにして欲しいのか把握しきれない事が多くあります。その方の生活実態を知らないとできないことが多いからです。例えば、細かいことですが、食べ物の入っていたプラスチックトレイを捨てるかどうかといった事も利用者によって異なるため確認することになります。利用者がどのような生活をしているかを把握しそれを大切にするには、何回か訪問し続けることが必要です。
身体介護をする際に困ることとして、障害ある身体を動かさなければならない時、どれくらい痛いのか分かりにくいことです。そのため、利用者に都度確認しながら微妙な調整をし介護していくことが求められます。

仕事のやりがいや楽しみは何ですか?

利用者が元気になってもらえると嬉しいです。例えば、今まで一口しか食べられなかった方が、少しずつでも食べられるようになり、美味しいと笑顔が見れた時はとても嬉しいです。
そして、利用者から「ありがとう」と言われるとモチベーションが上がります。 

ストレス解消法は何ですか?

散歩が好きです。今まで食べたことがないものを食べてみることも好きです。パンが好きなので、それに合うチーズを最近は色々と試しています。

この仕事を目指す人へ

人のお世話をすることが好きな人、人が好きな人はこの仕事に向いています。様々な人と深く接することになるため、人生経験のある人も向いていると思います。
ホームヘルパーになる研修を修了することで資格を取得できます。  
この仕事は人のためになり、高齢になっても現役で働くことができるので、とてもいい仕事だと思います。