How Colorful !!

この時代を生きる女性たちの仕事話をお伝えします

会計事務所

f:id:hase-usagi:20210614111436j:plain

どのような仕事をしていますか?

会計事務所で会社や個人事業主の一連の会計に関する手続き(会計データのチェック・決算書や申告書の作成・納税手続きのサポート)を主に行なっています。
1人で2030社を担当しているため、毎月、決算作業を2社くらい行いながら、決算期以外の顧客の会計サポートも同時に行うことが通常です。
他には、給与や社会保険料の計算、依頼あれば相続税や贈与税の申告も行います。また、例えば不動産所得等、個人で収入を得ている人には個人の確定申告をすることもあります。

顧客とは毎月顔をあわせてお話をします。経営指導と言うよりは相談にのるという感じでしょうか。新しい税制についてや、銀行から言われた話にどう対応したらいいか等、様々な話や悩みを聞きます。
時には顧客の要望に応じて調査・シミュレーションをすることもあります。

仕事のプラス面とマイナス面は何ですか?

プラス面:
知らない業界の様々な話を顧客から聞くことができ、世の中の流れがよくわかり面白いです。
また、税金や社会保険、給付金等、幅広くしっかり調べる必要があるため、それらの仕組みがわかり知識が増えます。
加えて、専門的な仕事なので転職しやすいです。条件に固執しなければどこかで働くことができるため、失業の心配はあまりないと思います。

マイナス面:
忙しい時は本当に忙しく、残業が非常に増えます。1年の内半年間くらいは忙しく、その期間の長さも心身ともにこたえます。
所属事務所が所員へ担当顧客の割り振りをしますが、顧客企業の決算時期は事務所がコントロールできるものでなく、業務の平準化はなかなか難しいと思います。
一般的に、所員1人が受け持つ顧客数は、顧客の規模と所属事務所の規模によって異なります。後者について言えば、所員20人以下くらいで1人あたり2030の顧客がいる規模の事務所なら、所員1人でこれくらいの顧客数を受け持つことは通常です。大手の税理士法人なら、税理士とアシスタントスタッフがチームとなり対応することが多いです。

もう一つ言えば、会計事務所で働くのに税理士資格は必須ではありませんが、税理士資格を持っていて使うなら、その登録と更新にお金がかかります。これは他の資格でもよくある事です。
この費用は所属事務所が負担する場合が多いですが、そうでなければ自分で支払う必要があります。

やりがいや嬉しかったことは何ですか?

顧客との距離がとても近いため、実際にお役に立てているという感覚を感じやすく、やりがいがあります。
例えば新しい税制が使える場合、顧客へ提案し、それが節税となり先方の意向に沿って受け入れられ「ありがとう」と言われると、とてもうれしいです。

仕事とプライベートのバランスはどのようにとっていますか?

会社から離れると気持ちが切り替わります。帰宅のため電車に乗った時に仕事からプライベートへと切り替わります。
もちろん仕事で気になることが頭に残る時もありますが、仕方のないことだと思っています。

ストレス解消法は何ですか?

買い物です。スーパーで新しい商品を探し、買って試してみることはとても楽しいです。

この仕事を目指す人へアドバイスなどあればお願いします

顧客の反応を直に感じたい人にとっては、とても面白い仕事だと思います。
お金に直接関わる仕事なので、間違いは許されず、必要な求められる情報を常に最新にしておかなければなりません。
顧客のプライベートな情報をかなり深く知ることにもなり、責任感も大きくなります。

また、この仕事は時間の融通がききやすいと思います。顧客毎にその内容は異なりますが、仕事上すべき事が定まっている部分が多いためです。
長時間労働になる時期は多いですが、事務所や顧客との調整、時短制度等の利用をうまく行えば、自身のライフプランにあわせた働き方にしていくことのできる仕事だと思います。